新潟県一般県道137号
天神林上条線 未開通区間

2020年11月14日 探索・2021年12月20日 公開

新潟県一般県道137号天神林上条線。この県道は全線が新潟県加茂市内で完結する県道である。
起点は新潟県加茂市大字天神林字西屋敷(新潟県一般県道1号新潟小須戸三条線交点)、終点は新潟県加茂市若宮町1丁目(新潟県一般県道9号長岡栃尾巻線交点)。
2020年11月の、とある日。私が住む新潟県でも今年はクマの出没が今までにないほど非常に多く、探索する場所を選ぶにも一苦労していた。それに、これから冬を迎えると山は雪に覆われてしまうため、探索が出来なくなってしまう(出来ないわけではないが、遭難覚悟だ)ということで、天候が安定している秋のうちにネタ集めをしておかなくてはならず、どこかいい道はないかなと地図を眺めていた私は、一本の道に思わず目を奪われた。
まずは地図をご覧頂こう。普通だと地理院地図の地図をお目にかけるが、今回は珍しくグーグルマップから。

グーグルマップを掲載

この地図の上方に、若宮公園を横切る形で天神林上条線と表示されている道があるのにお気づきだろうか。この道には県道の表示があり「137」とある。一見すると、地図上ではこれが県道と見えるし、実際に私もそうなんだろうと思っていた。でも、なぜかこの道が気になって仕方なかった。それは、この県道が若宮公園と言う公園の中を貫いているということ、ただそれだけだったのだが「この道はどういう素性なんだろう」と、手っ取り早くウィキペディアで「新潟県一般県道137号」を検索してみた。すると…

加茂市道(加茂市大字下条)
この間未開通(加茂市道を介して迂回可能)
加茂市道(加茂市大字上条)

ん?

この間未開通(加茂市道を介して迂回可能)

おや?

この間未開通?!

ここで私のテンションが一気に上がったことは言うまでもない。しかも、未開通である上に「加茂市道を介して迂回可能」とある。もしかして、今目の前に表示されている道は、地図の誤記なのか?。そう考えて、確認のためグーグルマップと地理院地図を見比べてみることにした。


1枚目 国土地理院の電子地形図(タイル)を掲載
2枚目 グーグルマップを掲載

改めてグーグルマップを見てみると、県道137号とされている道は若宮町の住宅地の中で右に折れて山越えし、そのまま若宮公園の中を通って長福寺方面へ抜けている。だが、この道が若宮町で右に折れるところから始まる直進の道があって、この道は山中に向かって左へ右へカーブしながらそのままヒョロヒョロと登って行き、途中でプツンと切れている。この直進の道がどうも気になった。

そこで今度は地理院地図を見てみると、県道137号を示す黄色の実線の道は若宮町で右に折れることなく直進し、その左へ右へカーブする道の方を県道としていて、この道はグーグルマップと同じようにヒョロヒョロと山中に突っ込んで行くが途中で消えることはなく、実線1本の道となった後もそのまま山越えして等高線に沿って進み、長福寺の集落の端っこに出ている。また、この付近はグーグルマップが県道としていた道(おそらくはこの道がウィキペディアで迂回可能としていた加茂市道)を除くと、この県道137号以外には若宮町と長福寺を結ぶ山越えの道はなく、この県道も加茂市道も無いと仮定すると、途中に隔たる山を大迂回しなくてはならない。そうすると、この県道の未開通区間は元々は旧街道だった可能性も出てくる。
ここでもう一度ウィキペディアに書かれていた、県道137号のくだりを思い出していただきたい。

加茂市道(加茂市大字下条)
この間未開通(加茂市道を介して迂回可能)
加茂市道(加茂市大字上条)

「この間未開通」となっている区間は、この黄色の実線1本で描かれた道のことで間違いないだろう。そうなると「道はあるが未開通」と言うことになるので、県道393号沖見峠トンネル旧道の時のように「楽しめる道」と言うことになりそうだ。地図上では、この未開通区間はおよそ2キロ。探索にかかる時間は2時間程度を見込んだ。
また、探索のベースは若宮公園の最上部にある駐車場とし、そこにクルマを停めて加茂市道を使って自転車で若宮町方面へ降りて、未開通区間の若宮町側起点と思われる、加茂市道が分岐する地点から少し先の、住宅街が途切れた場所からスタートすることにした。

ここが探索を開始する場所だ。対面通行の2車線の道が峠を目指しているが、この道幅は長くは続かずに、すぐにヒョロヒョロとした狭い道になることは地図上で確認してお見通しだ。それを裏付けるかのように、新潟県三条地域振興局が立てた看板が道の左側に立っている。

「この先道路未整備のため、自動車による長福寺までの通りぬけは、出来ません。三条地域振興局」

「自動車による通り抜けは、出来ません。」
・・・てことは、徒歩か自転車なら通れるんだな?。
やべー、顔のにやけが止まらん(笑)

さぁそれでは・・・

探索開始!

第1部へ