一般国道7号旧道
蒲萄峠 第6部
(完結編)

2018年9月6日 探索・2018年9月10日 公開
2018年10月21日 加筆修正

肝心の峠部分が通行止めになっていたが、日にちを改め再訪して完結した蒲萄峠。
国道の原点ともいえる大正時代に、旧制国道10号に指定されるほどのその道としての貫禄は、素晴らしいものがあった。
ところで、この蒲萄峠の「蒲萄」と言う地名を、お馴染み「角川地名大辞典」で少し調べてみた。すると…

越後から出⽻へ通じる出⽻街道の要衝。難所で有名な蒲萄峠の⼊⼝。真⾔宗⾏福寺は,弘仁13年弘法⼤師が出⽻湯殿⼭参詣の途次、えびづる (蒲萄蔓)をもって⼩庵を結んだのに始まると伝えられ、⼭号は蒲萄⼭。出⽻街道を⾏くこと約3kmの明神岩の絶壁の下に式内社の漆⼭神社があり、⼀般には⽮葺(やぶき)明神といわれている。元禄2年芭蕉に供して奥の細道を旅した曽良は、蒲萄峠について「名ニ⽴ツ程ノ難所ナシ」と記している。 とあり、この地域では中世の南北朝の頃では「分当」、近世の江戸期~明治22年にかけては「蒲萄村」となり、明治22年〜現在には大字名、とされている。(以上、角川地名大辞典より引用)


この道を芭蕉が歩き、明治車道となり牛車や馬車が通って馬頭観音が出来て、大正時代に旧制国道に指定され国道10号となり、その国道に乗合自動車が走って人が動くようになり、昭和になって一級国道7号となって更に多くの人と荷を通して繁栄をもたらし、その経路が1966年(昭和41年)に変更になった後も、今でも私のような物好き(笑)を通して、明治車道としての威厳を保ち続けている道。
最後に、この道で一番印象に残った風景をもう一度見てみよう。

人が道を通し、道が人を通す
そこには決して表に出ることのない、数多くの隠れた物語がある

一般国道7号旧道
蒲萄峠

完結。